ここから本文です

Yahoo!基金助成事業報告 未来をひらくプロジェクト

Yahoo!基金は、非営利団体を支援する助成プログラムを毎年実施しています。
2015年4月から2016年3月を活動対象とした昨年の応募には、100近い団体からの応募が寄せられました。審査の結果、助成先として決定した4つのプロジェクトと活動団体をご紹介します。

Class for Everyone
モバイル・デジタル・ライブラリープロジェクト
フィリピンで、移動手段として多く使われているジープニー、この乗り物にソーラーパネルを搭載して、タブレットなどのデバイスを運び、移動図書館のような形で子どもたちにデバイスを使ってもらうプロジェクトが、モバイル・デジタル・ライブラリーです。
Class for Everyone
Class for Everyone代表理事
高濱宏至さん
リンクデータ
公共データ流通を支援する市民ネットワークの構築プロジェクト
オープンデータとは、自治体をはじめ、民間企業や個人が持っているデータを二次利用可能な形で公開したデータのことです。リンクデータは、このデータをさまざまな形で活用して、地域の発展につなげたり、新しい市場・ビジネスが育んでいくことに挑戦しています。
Class for Everyone
リンクデータ代表理事
下山紗代子さん
災害復興支援ボランティアネット
南相馬市小高区復興支援ボランティア活動プロジェクト
災害復興支援ボランティアネットが活動する南相馬市小高区は、福島第一原発事故の避難区域にあたります。2015年6月現在も住民避難が続くこの地域では、ボランティアのニーズはまだまだ高く「これから」なのです。
Class for Everyone
災害復興支援ボランティアネット代表
松本光雄さん
三陸ボランティアダイバーズ
三陸の海中瓦礫撤去/環境保全活動プロジェクト
海の底に沈んだ瓦礫の掃除を続ける、三陸ボランティアダイバーズ。漁協とタッグを組んで、これまで膨大な量の瓦礫を引き上げ、きれいな海を取り戻してきました。まだまだ各地にニーズはあるはず、これからも取り組みは続いていきます。
Class for Everyone
三陸ボランティアダイバーズ代表
佐藤寛志さん
ツイート
いいね!
本文はここまでです このページの先頭へ