現在位置:基金トップ > お知らせ > 10月23日、ネパール応援ナイト開催のご案内

ここから本文です

10月23日、ネパール応援ナイト開催のご案内

〔多くのお客様にご来場いただきネパール応援ナイトは無事終了いたしました、ありがとうございました〕

今年の4月25日におきたネパール地震を覚えていますか?
地震直後は大きく報道されましたが、月日が経ち現地の状況は掴みにくくなってきました。
災害は一瞬の出来事ですが、復興には長い時間が必要です。
発災から6か月が経過する今、ネパールはどうなっているのでしょうか。
Yahoo!基金では、今このタイミングで改めてネパールの復興を願い、応援するイベントを企画しました。

【開催概要】
日時: 10月23日(金)開場18:45/開演19:00/終了予定20:45
場所: Yahoo! JAPAN社員食堂BASE6(東京六本木) 地下鉄六本木駅より徒歩5分程度
※所在地は非公開のため、参加者にのみ個別に住所等ご連絡します
料金: 1,000円(パスマーケットによる支払いのみ)
※参加料は全額ふんばろうネパールプロジェクトへ寄付予定です
登壇予定者: 栗城史多さん(登山家/ふんばろうネパール代表)
ジギャン・クマル・タパさん(ネパール政府公式通訳)
ネパール支援に取り組まれている国際NGOの方々
主催: Yahoo!基金

イベントには、登山家であり、自らもネパール支援のプロジェクトを立ち上げた、栗城史多さんをお招きし話を伺います。そして、ネパール政府公式通訳としてネパール事情に精通されているタパさんにも登壇いただき、現在のネパールの状況を伝えていただきます。また、Yahoo!基金が支援するネパール支援に尽力されている国際NGO、8団体の方々からも活動報告を伺う予定です。

ネパールのその後の状況を知る機会として、応援のきっかけとして、ぜひお越しください。
本イベントの入場料は、ネパールを支援する活動へ全額寄付いたします。


 
【登壇予定者のご紹介】
栗城史多(くりき のぶかず)
1982年北海道生まれ。大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を登る。その後、8000m峰4座を単独・無酸素登頂。エベレストには登山隊の多い春ではなく、気象条件の厳しい秋に4度挑戦。見えない山を登る全ての人達と、冒険を共有するインターネット生中継登山を行う。
2012年秋のエベレスト西稜で両手・両足・鼻が凍傷になり、手の指9本の大部分を失うも、2014年7月にはブロードピーク8,047mに単独・無酸素で登頂し、見事復帰を果たした。2015年9月現在、再度エベレストに挑戦中!
近著に「弱者の勇気 -小さな勇気を積み重ねることで世界は変わる-」(学研パブリッシング)。

ジギャン クマル タパ
ネパール生まれ。横浜国立大学大学院卒。公益財団法人かながわ国際交流財団職員。ネパール政府公式通訳者。ラジオ・テレビなどでも活躍中。
東日本大震災発生時、東北在住ネパール人の避難活動を支援。ネパール大地震では、日本の対策本部事務局長を務め、現地に入る。 メンバーは地震の直後に現地入りし、食料、毛布やテントなどの緊急支援を行ったほか、学校再建、トイレ建設などの中長期の支援も行っている。現在、その様子を講演などで伝えている。

 
【活動報告いただく予定の国際NGO】
日本赤十字社、特定NPO法人シャプラニール市民による海外協力の会、特定NPO法人国連WFP協会、公益財団法人プラン・ジャパン、特定NPO法人Rainbow Children Japan、特定NPO法人メドゥサンデュ モンドジャポン(世界の医療団)、公益財団法人ケア・インターナショナルジャパン、公益財団法人国際開発救援財団(FIDR)
以上、順不同

 
【Yahoo!基金について】
Yahoo!基金は、2006年より災害被災者と被災地支援を行っているYahoo! JAPANが設立した団体です。
ネパール地震が発生した翌日には緊急支援募金を立ち上げ、Yahoo! JAPANを通じて広く支援を募ってきました。
9月末現在、7万5千人にのぼる皆様より、6千7百万円を超える募金が寄せられています。
この募金は、ネパールの被災者支援、復興支援に取り組む国際NGOに寄付し活用いただいています。

本文はここまでです このページの先頭へ

お知らせ よくある質問・お問い合わせ