ここから本文です

助成先レポート「Class for Everyone」

2014年度IT助成プログラムの助成先のひとつ、Class for Everyone代表の高濱さんが来社されました。
助成対象期間の区切りを迎え、Yahoo!基金事務局と活動動内容を総括しました。
1年間取り組んできたモバイル・デジタル・ライブラリープロジェクトは、フィリピンでタブレットなどのデバイスを活用した移動図書館を通じて、子どもたちにIT教育機会を作り出すものでした。
各地に点在する学校に少数ずつPCなどを導入するよりも、この移動図書館は効率的に学習機会を提供できるそうです。
今後はフィリピンでの経験を踏まえて、アフリカのタンザニアに展開する計画も進めているそうです。
移動図書館を通じて、教育機会に恵まれない世界中の子どもたちにチャンスを作り出すとお話されていました。
また、NPOとしては助成金に依存した運営体制ではなく、事業化して継続的に活動できる仕組みを作り上げることが大事だと言います。
この移動図書館も各国で自立して運営していけるようにしていきたい、そのため今年度は神奈川県藤野を拠点に、この移動図書館の収益化に挑戦されるそうです。
藤野での成功体験を各国に水平展開していく日も近いかもしれません。
Yahoo!基金からの助成金を通じた支援はいったん途切れますが、今後も異なる形で支援を続けていきたいと考えています。
Class for Everyoneの活動をぜひ応援してください。

特定非営利活動法人Class for Everyone
http://class4every1.jp/


本文はここまでです このページの先頭へ

お知らせ よくある質問・お問い合わせ