現在位置:基金トップ > お知らせ > 助成先レポート「大阪大学災害ボランティアサークルすずらん」

ここから本文です

助成先レポート「大阪大学災害ボランティアサークルすずらん」

復興支援助成プログラムの助成先、大阪大学災害ボランティアサークルすずらんの皆さんから活動レポートが届きました。
彼らは、震災後の2011年から岩手県野田村を訪れて続けています。その活動は、仮設住宅での村民の皆さんとの交流会、漁師体験、郷土料理体験、さをり織り体験、木工体験、伝統舞踊体験といった野田村とゆかりのある体験活動など盛りだくさん。
とくに交流会は、学生の皆さんと村民の繋がりを深めるだけでなく、村内での交流促進や食材を提供する生産者と村民との交流も狙いだったとのこと。参加された村民の方々からは、また開催して欲しいといった継続を望む声も聞かれ、好評を得たとのことです。


交流会の様子

復興支援助成は、多くの方々からの募金により成りなっていますが、支援者の皆さまへメッセージを頂きました。
「皆様の善意により、東北の震災以降続いている被災地とのつながりを、今年もつなぎとめることができました。直接お会いして、お伝えすることができないのが非常に残念ではありますが、この場を借りて感謝の意を示させていただきたいと思います。
私たち大阪大学災害ボランティアサークルすずらんのサークル員一同、今後もボランティアとは言っても、さらにまた私たちの活動を支援してくださる方々がいらっしゃることを忘れずに、努めていきたいと思います。
この度は誠にありがとうございました。」

大阪大学災害ボランティアサークルすずらんのブログやTwitterでも活動の様子が報告されています。
そちらもぜひご覧ください。

ブログ:http://ou-savejapan.sblo.jp/
Twitter: https://twitter.com/ou_suzuran


本文はここまでです このページの先頭へ

お知らせ よくある質問・お問い合わせ