現在位置:基金トップ > お知らせ > 2015年度の助成活動団体からのメッセージ

ここから本文です

2015年度の助成活動団体からのメッセージ

昨年度、Yahoo!基金が助成した4団体の活動がひと区切りを迎えました。
各団体から活動報告書を提出いただいたのですが、その中で支援頂いた皆さまへのメッセージを預かっています。
こちらでそのメッセージをご紹介いたします。

■IT助成部門
Mobile Digital Libraryプロジェクト
NPO法人Class for Everyone

(団体からのメッセージ)
インターネットは、今や私たちの日常生活に欠かすことができないものになっていますが、世界に目を向けると人類の3分の2にあたり約43億人はインターネットにアクセスできない、もしくはアクセスしにくい場所で生活をしています。
Mobile Digital Libraryは、そんな状況にある人々にインターネットと、それに付随する教育機会を届けるための仕組みです。
私たちは、インターネットは人類にとって火のように使えるものになるべきと考えており、その必要性もあると感じています。日本という恵まれた国に生まれた私たちは、空気を吸うように火もインターネットも使えますが、人類の多数がそれを使えない状況にいるという事実を覚えておいてください。そして、私たちの活動を応援いただけると幸いです。

(Yahoo!基金事務局から一言)
プロジェクトは道半ば、2016年度は新たなフェーズでの取り組みになると伺っています。
Yahoo!基金は引き続き、助成金とは異なるかたちでClass for Everyoneを支援していきたいと考えています。

公共データ流通を支援する市民ネットワークの構築
一般社団法人リンクデータ
(団体からのメッセージ)
リンクデータは、データづくりで地域に貢献したい、地域を元気にしたいという方が活躍できる場所を提供することを目指してきました。情報システムは作るのは簡単ですが、継続して運用し、ユーザの方々に長くご利用頂くには多くの困難があります。そんな中で、Yahoo!基金を通じ、募金して頂いた多くの方々に支えられていることはとても大きな励みになりました。
「必要としている人へ情報がきちんと届く」という世の中の実現のために、今後もLinkData.orgの運用と、オープンデータの支援活動を続けてまいります。

(Yahoo!基金事務局から一言)
Yahoo!基金としても事業的なシナジーを期待して、リンクデータをお招きして社内セミナーを開催したりしました。
具体的な成果までは結実しませんでしたが、この1年でオープンデータを取り巻く環境の変化をひしひしと感じています。

■(東日本大震災)復興支援助成
南相馬市小高区 復興支援ボランティア活動
NPO法人災害復興支援ボランティアネット

(団体からのメッセージ)
福島にはあなたの手を必要としている被災者がたくさんおります。
どうぞ1日でも活動に参加して「東日本大震災の現場」を自分の目でみて感じて下さい!
そして基金がこのように被災者の為に有効に使われていることを知って頂きたいと思います。

(Yahoo!基金事務局から一言)
現地でのニーズは多く、常に依頼案件のバックログを抱えていらっしゃいます。
一方、ボランティアに参加下さいる方々はリピーターが中心となって減少傾向であるとのことです。
ひとりでも多くの方に興味を持って頂き、一度訪れてもらえたらと願うばかりです。

三陸の海中瓦礫撤去/環境保全活動
特定非営利活動法人三陸ボランティアダイバーズ

(団体からのメッセージ)
Yahoo!基金に募金していただいた皆様のおかげで、美しい、そしておいしい三陸の海が戻ってきています。漁師とダイバーの絆が作り出した新たな三陸の浜の文化を体験しに是非いらしてください!

(Yahoo!基金事務局から一言)
三陸と海の関係の深さをこの団体から学んだ気がしています。
ガレキのない海を取り戻すまで、きっと活動は続いていくことと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ

お知らせ よくある質問・お問い合わせ