ここから本文です

東日本大震災復興支援部門

2016年度助成プログラムの応募受付は終了しました。

東日本大震災復興支援部門は、「震災から5年が経過した被災地が直面している課題を解決するための取組みへの支援」を行います。活動内容に応じて「課題解決型」と「コレクティブインパクト型」の2つのコースがあります。

課題解決型の概要

コース名称

課題解決型

地域や被災者に寄り添い、継続的に課題解決に取り組む活動
事業趣旨
  • 東日本大震災の発災から5年を超え、様々な変化が続いています。仮設住宅の閉鎖、公営住宅への転居、土地区画整理やかさ上げ工事の進展、避難指示の解除地域への転居など、目に見える明確な変化もあれば、住民の心身の健康面や意識や意欲の変化、孤立感等の目に見えづらいもの、避難生活や困窮状態などの変化のないもの等、多種多様な多面的な要素が並行して起きています。
  • 5年を迎えた地域が抱える課題に対して、しっかりと向き合い、東日本大震災によって生じた課題を解決するための取組みを広範に公募します。
募集期間 2016年9月14日~2016年10月31日
対象期間 2017年4月~2018年3月(1年間)
助成額 500万円

コレクティブインパクト型の概要

コース名称

コレクティブインパクト型

多機関連携型で新たな手法で試みる活動
事業趣旨
  • 東日本大震災の発災から5年を超え、様々な変化が続いています。仮設住宅の閉鎖、公営住宅への転居、土地区画整理やかさ上げ工事の進展、避難指示の解除地域への転居など、目に見える明確な変化もあれば、住民の心身の健康面や意識や意欲の変化、孤立感等の目に見えづらいもの、避難生活や困窮状態などの変化のないもの等、多種多様な多面的な要素が並行して起きています。その中で、行政、企業、NPO等、学術のいずれの機関が単体で地域の課題に対応しようとしても対処が非常に困難である状況が各地で見られます。
  • そこで、Yahoo!基金では、地域における課題解決は、関係する関係者ができる限り連携・協働をすることを通じて対応するため、直接的な事業とその連携を支える取り組み、或いは多機関連携型の事業を組成するためのワークショップや個別の調整にあたるような事業を支援することにしました。
  • 5年を迎えた地域が抱える課題に対して、これまでの実績を元に2年間という期間を通じてしっかりと向き合い、関係者との対話を通じて信頼をさらに醸成し、東日本大震災によって生じた課題を解決する取組みを広範に公募します。
募集期間 2016年9月14日~2016年10月31日
対象期間 2017年4月~2019年3月(最長2年間)
助成額 1,000万円

更新情報

  • 2016年10月11日 東日本大震災復興支援部門の「課題解決型」、「コレクティブインパクト型」それぞれの応募要項(プログラムガイド)を改定しました。改定点の詳細は各応募要項(プログラムガイド)に記載の他、お知らせページにも掲載しています。

助成プログラム説明会のご案内

東京、福島県郡山市、宮城県石巻市で助成プログラムの説明会を開催いたします。説明会の後、会場の時間の許す限り個別の相談会も行う予定です。日程など詳しい内容はこちらのページでご確認ください。

お問い合わせ

本助成プログラムに関するご質問は、お問い合わせフォームを通じてお問い合わせください。

2015年度助成プログラムについて

2015年度助成プログラムの募集要項はこちらをご確認ください。

本文はここまでです このページの先頭へ

お知らせ よくある質問・お問い合わせ