IDでもっと便利に新規取得

ログイン


現在位置:Yahoo!基金トップ > お知らせ > 《学生ボランティア》被災地支援活動助成プログラムを終えて

ここから本文です

《学生ボランティア》被災地支援活動助成プログラムを終えて

災害の被災地や被災者の支援活動を行った学生ボランティア団体より活動レポートが届きました。
学生ボランティアが現地の方からいただいた言葉や活動を振り返った声を抜粋してご紹介します。

現地の方からいただいた言葉・若者があまり多くは集まらない中で、このように地元に来てくれるのがうれしい(中央大学 ボランティアセンターはまぎくのつぼみ)・継続してきてくれることがとても良い、地域密着型で深いところまで見てくれていると感じる(神戸大学 持続的災害支援プロジェクトKonti)・風の電話は、会えない人や故人と電話で話すことにより気持ちを落ち着かせる方が多く訪れるそうです。今を大切に生きて欲しい。(東京農業大学 農大復耕支援隊)活動を振り返った学生の声・活動を通してきっかけ作りの一助となれればという思いをより強く抱きました(東北大学SCRUM国際部)・災害を経験した方からの教訓を多くの人に伝えていきたい(敬和学園大学 Keiwa HOPE)・被災状況が違うと残るものも違うと感じた(大阪大学 災害ボランティアサークルすずらん)

学生ボランティアの皆さま、お疲れさまでした。卒業と共に団体の世代交代が行われていく中でも、
継続して被災地での活動を続け、学生だからこそできる支援活動を今後も期待しています。

本文はここまでです このページの先頭へ